本文へジャンプ

院長あいさつ

就 任 ご 挨 拶

病院長 入 江 誠 治

 平成30年4月1日付けで病院長として着任致しました。
60年の長い歴史を有する新潟労災病院は、その使命としての地域医療支援・がん診療連携・勤労者医療を着実に実施してきました。当院の先達の築き上げた輝かしい伝統に新たな1ページを加えるべく全力で職責を全うする所存です。
  岡山出身の私は前任地の関東労災病院在勤中まで39年間、血液内科医として医学の進歩を医療現場に届け、現場の問題点を医学研究にフィードバックすることで、より良い医療の提供ができるよう努めてまいりました。その間の医学の目覚ましい進歩は、かつて不治の病と恐れられていた白血病の治癒率を大きく向上させ、近年は分子標的薬などの画期的ながん治療薬や遺伝子治療など新たな地平を開く治療法も実用化されつつあります。しかし一方、地方の医療は医師の偏在や少子高齢化という社会の潮流に飲み込まれ、今や崩壊の危機に瀕しているといっても過言ではありません。この現状を打開し最善の医療を地域の隅々まで行き渡らせることが地域医療を担う我々の使命です。喫緊の課題は在宅から入院、入院から再度在宅へのシームレスな医療サービスの提供を行うことであり、そのためには地域の医療機関と介護施設との円滑な協同連携が不可欠です。上越地区の医療構想を関係各位と早急に策定する予定ですが、その中で当院の果たすべき役割とは急性期から慢性期にかけての「多機能地域密着型医療機関」であると考えています。さらに地域産業保健センターと連携し治療就労両立支援など勤労者医療推進にも尽力致します。これらの病院機能をさらに高め良質な医療を安全かつ誠実に提供するため、高い倫理観と向上心を備えた医療人の育成に努めます。加えて病診・病病連携をより強固なものとし、地域住民や近隣医療機関から信頼され、病院職員からも支持される魅力ある病院を目指し、職員一丸となってこの地域の活性化に寄与すべく不退転の決意で邁進致します。
  厳しい冬の寒さに耐えた桜が開花すると同時に関東労災病院・横浜労災病院内科医師(消化器・呼吸器・循環器・糖尿病・感染症)による外来診療支援が始まりました。今後内科常勤医の増員を図り、さらに外科の再建・拡充に着手する予定です。また在宅高齢者の増加など医療需要に応じた地域包括的な医療の提供にも取り組むこととなります。
  これまで当院の運営・医療連携において多大なご支援を頂きました地域医療機関ならびに行政機関の皆様に深謝致しますとともに、今後も一層のご指導・ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

新潟労災病院概要

〒942-8502
新潟県上越市東雲町1-7-12

TEL: 025-543-3123

FAX: 025-544-5210

【休診日】
土曜日・日曜日・祝日、年末年始
【受付時間】
8:15~11:00
【面会時間】
平日/13:00~20:00
休日/11:00~20:00