本文へジャンプ

教育

教育理念

新潟労災病院看護部理念に基づき、組織の中での自分の位置づけを明らかにし、主体的によりよい看護実践が出来る看護職員を育成する。

目標

看護職員の個々の学習ニーズを尊重し、専門職業人として成長、発達を支援するための教育的環境を提供する。

目的

  • 看護専門職として、質の良いケアを提供するために必要な知識・技術・態度の向上を促す。
  • 専門職として、自らの責任において、生涯にわたり継続教育による能力の維持・開発に努める。

キャリア開発

新潟労災病院看護部では、「看護職員自らが臨床実践能力を知り、段階をおって能力開発・目標設定できることで自律した看護師の育成」を目指しています。

そのためには、「看護師が個人のサイクルに応じた能力を発揮し、個人と組織の目標との統合を図りながら、職業を通して自己実現に向けた活動を行う」キャリア開発の考え方を導入しています。(クリニカルラダーとマネジメントダラー)

新人教育計画

  1. 4月

    • 入職時オリエンテーション
    • 基礎看護技術集合研修
      採血、更衣、注射、輸液ポンプ、吸引、シリンジポンプ、導尿
    • 病院・看護部の概要
    • 接遇
    • 医療安全・感染対策
    • 看護記録

    新人研修

    新人研修

  2. 5月

    • 夜勤前フォローアップ研修
    • リフレッシュ研修
    • BLS

    リフレッシュ研修
    エアロビクス

    リフレッシュ研修
    カレー作り

  3. 6月

    • 3ヶ月フォローアップ研修
      • チームメンバーの役割
        報告・連絡・相談について
    • 心電図研修
    • 接遇研修
  4. 7月

    • 手術室見学研修
    • 医療安全:危険予知トレーニング
  5. 9月

    • 医療安全:転倒・転落防止
  6. 10月

    • 6ヶ月フォローアップ研修
      • 看護倫理について
  7. 11月

    • 輸血の基礎知識
    • 防災訓練
  8. 12月

    • ローテーション研修
    • 呼吸管理
  9. 1月

    2月

    • 看護過程について
      • 10ヶ月フォローアップ研修
        • 2年目にむけて:目標管理
    • 未経験基礎看護技術フォロー研修

    2年目集合写真

    ケース発表

新人看護職員支援体制

プリセプターシップ

各部署に教育担当者、実地指導者とプリセプターを複数配置し、チーム全体で新人看護師を支援する方法をとっています。

新人看護師はリアリティショックを体験することなく職場に適応し「基本的な看護」を安全に提供できるような環境をつくっています。

プリセプターシップ

新人ナースの夜勤について

  • 6月をめやすに個人の状況にあわせて夜勤の見習いに入っていきます。
  • 夜勤開始前に先輩看護師から詳しいオリエンテーションがあります。
  • 夜勤回数は6月に4回程度、技術の習得状況により7~8回/月になります。

キャリアアップ支援

専門性の高い看護の提供をめざし、一人ひとりのキャリアアップをサポートしています。

  1. 看護系大学・大学院への進学に奨学金制度を利用できます。
  2. 認定看護師になりたい方を全面的にバックアップしています。
  3. 労災病院等の間で交流派遣ができます。
  4. 労災病院等の間で転任できます。

スキルアップ支援

看護師一人ひとりの能力を伸ばし、質の高い看護が実践できる人材を育成するために、クリニカルラダー・マネジメントラダーと連動し、自己学習、自己成長を支援するための教育プログラムを実践しています。

  1. 充実の院内研修
  2. 本部研修
  3. 地域部ブロック中堅看護師研修
  4. 学会参加支援
  5. 院外研修支援制度

先輩からのメッセージ

清水 絵美(卒後3年目)

今年で卒後3年目になります。入職当初は、不安と緊張でいっぱいでしたがプリセプターはじめ、病棟スタッフの温かく丁寧な指導により充実した毎日を送っています。また、新人フォローアップ研修では、同期の仲間と共に悩みを打ち明け、相談することができ、とても心強い環境で働くことができています。今後も新しい皆さんと一緒に笑顔で日々成長できるよう勉強していきたいと思っています。

沼波 克志(卒後3年目)

新潟労災病院は私が就職活動する際、とても評判がよく、就職してからも病院全体が明るく働きやすい環境だと感じました。
1年めはプリセプターを中心に先輩看護師の温かい支えがあり、不安なことがあれば何でも相談できます。男性看護師はまだまだ少ないですがとても楽しく働きやすいです! みなさんもこんな病院で働いてみませんか?

相澤 達也(卒後3年目)

私は、内科病棟に所属しています。
呼吸器、循環器、消化器等のさまざまな疾患の患者さんと日々、向き合いながら看護しています。先輩に指導してもらいながら、そして今年は後輩もでき、一緒に学び、協力しながら楽しく仕事に励んでいます。男性看護師も徐々に増え、私の病棟にも2人配属になっています。男性も働きやすい環境です。皆さんと一緒に働けることを楽しみにしています。

大島 佑佳里(卒後2年目)

私は整形外科病棟に勤務しています。
就職した当初は悩みや不安もありましたが、いつでも先輩が優しく見守ってくれたので安心してケアを提供することができました。日々、看護の楽しさや奥深さを学び充実した毎日を送っています。みなさんも私たちと一緒に働きませんか? 皆さんと共に看護できることを楽しみにしています。

新潟労災病院概要

〒942-8502
新潟県上越市東雲町1-7-12

TEL: 025-543-3123

FAX: 025-544-5210

【休診日】
土曜日・日曜日・祝日、年末年始
【受付時間】
8:15~11:00
【面会時間】
平日/13:00~20:00
休日/11:00~20:00